ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)
ドクターズファイル
私たちの治療方針
薬物治療
精神療法
精神療法
主な対象疾患
うつ・うつ病
双極性障害(躁うつ病)
統合失調症
不安障害
摂食障害
心的外傷(トラウマ)
不眠
パーソナリティ障害
過敏性大腸症候群
ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)
発達障害アセスメント面接
薬を減らしたい・やめたい
朝、会社に行くのがつらい
問診票ダウンロード
モバイル
患者の気持ち

ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)

ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)は生まれつきの傾向で、注意をひとつのところに維持することが困難だったり、落ち着きなく動きまわってしまったり、衝動的に行動してしまったりして、結果生活に支障が出てきてしまうという障害です。

注意欠如(不注意)の症状

物をなくしてしまう・置き忘れてしまう、遅刻してしまう、時間管理ができない、物事を最後までやり切れない、やらないといけないことを先延ばしにしてしまう。

多動性・衝動性の症状

落ち着かない・貧乏揺すりをしてしまう、過度におしゃべりしてしまう、他の人がしゃべり終わる前に口を挟んでしまう、日々の生活を敢えて忙しくしていないと気が済まない。

といったものがあります。こういった症状に対して、飲酒やドラッグといった方法で「対処」してしまう方もいます。

治療を開始する前に、まずは詳細な病歴の聴取や心理検査を行い、診断が確定してから治療開始という流れになります。症状改善のためにはまず薬物療法と言われていますが、これだけでは日常生活に問題が残ってしまうという方も非常に多いです。当院ではカウンセラー有園正俊による専門的なアプローチ=認知行動療法(CBT)を行っています。ご希望の方は、是非ご相談下さい。

なお、当院ではメチルフェニデート徐放剤(コンサータ®)の処方が可能ですが、その前に発達障害アセスメント面接を受けて頂く必要があります。あらかじめご了承下さい。

医院概要

診療所名 もも こころの診療所
診療科目 精神科・心療内科・カウンセリング
※指定自立支援医療機関
 生活保護法指定医療機関
住所 東京都千代田区神田神保町1-16-3
TSI神保町ビル4F
神保町駅A5出口より徒歩2分。ENEOSさんの向かい、BODY STUDiO ZEROさんの入っているビルの4階です
電話番号 03−5282−2556
※番号非通知の方はお受けできません
診療時間
10:30~12:45
14:00~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝日
pagetop