双極性障害(躁うつ病)
ドクターズファイル
私たちの治療方針
薬物治療
精神療法
精神療法
主な対象疾患
うつ・うつ病
双極性障害(躁うつ病)
統合失調症
不安障害
摂食障害
心的外傷(トラウマ)
不眠
パーソナリティ障害
過敏性大腸症候群
ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)
発達障害アセスメント面接
薬を減らしたい・やめたい
朝、会社に行くのがつらい
問診票ダウンロード
モバイル
患者の気持ち

双極性障害(躁うつ病)

 双極性障害は、気分が落ち込む・やる気が出ないといった「うつ状態」だけではなく、とても気分が爽快・やる気に満ちあふれている・自分はなんでもできるといった「躁状態」も出現するようになる病気です。

 実は、双極性障害も「カラダの病気」で、薬物療法が非常に重要となってきますが、原則として抗うつ薬とは全く異なる薬で治療していくということがとても重要なポイントです。双極性障害をうつ病であると誤診してしまうと、かえって病状が悪化したり遷延化したりしてしまうことが多いからです。また、双極性障害は専門家ですら気付かずに見逃してしまうことが多いのですが、治療により得られる利益と、誤診による多大な不利益を考えると、決して見落としてはいけない病気です。当院では、初診時に細心の注意を払って双極性障害が隠れていないか見極めるようにしています。

 双極性障害で最も重要な治療は薬物療法ですが、これも皆さんのご希望に応じ柔軟に対処致します。また、薬物療法以外のアプローチも重要視をしており、生活指導や精神療法など多面的な援助を心がけるようにしています。

医院概要

診療所名 もも こころの診療所
診療科目 精神科・心療内科・カウンセリング
※指定自立支援医療機関
 生活保護法指定医療機関
住所 東京都千代田区神田神保町1-16-3
TSI神保町ビル4F
神保町駅A5出口より徒歩2分。ENEOSさんの向かい、BODY STUDiO ZEROさんの入っているビルの4階です
電話番号 03−5282−2556
※番号非通知の方はお受けできません
診療時間
10:30~12:45
14:00~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝日
pagetop