過敏性腸症候群
ドクターズファイル
私たちの治療方針
薬物治療
精神療法
精神療法
主な対象疾患
うつ・うつ病
双極性障害(躁うつ病)
統合失調症
不安障害
摂食障害
心的外傷(トラウマ)
不眠
パーソナリティ障害
過敏性大腸症候群
ADD・ADHD(注意欠如・多動性障害)
発達障害アセスメント面接
薬を減らしたい・やめたい
朝、会社に行くのがつらい
問診票ダウンロード
モバイル
患者の気持ち

過敏性腸症候群

 これは、内科的検査にて異常がないにもかかわらず、腹痛・下痢・便秘などを繰り返してしまう病気です。通学・出勤時の電車・バスの中や、授業中・会社のミーティング中などに突然症状が出現することが多いです。重症の場合は、専門的な治療を要する消化器疾患が隠れているという可能性があり、まずは消化器内科に受診をすることをお勧めしますが、検査をしても異常がない場合は、当院での治療が可能です。

 男性には特効薬と呼べる薬がある他、あがり症や人見知りといった社交不安障害を有する方に併発することがあり、この場合は抗うつ薬で劇的に改善することもあります。また、漢方による治療も行っております。

 薬物療法も効果的なのですが、当院で行う治療の最大の特色としては、ジェンダーや社会的役割といった皆さんの置かれている社会的文脈を積極的に考慮して、認知行動療法を行っているということがあります。 実は過敏性腸症候群は、女性において男性の3倍の頻度で現れると言われています。過去に虐待を受けていたり、そのことに由来して過度に他人に合わせすぎてしまって(=過剰適応)、自分の気持ちを尊重できないというパターンに陥っているケースも多々あります。このような場合は対人関係療法的アプローチも有効ですが、いずれにしても症状や疾患そのものだけに焦点を当てるのではなく、皆さんの置かれている社会的状況や文脈、過去のトラウマなども視野に入れて、治療を進めていくということが、当院の治療の最大の特徴です。

医院概要

診療所名 もも こころの診療所
診療科目 精神科・心療内科・カウンセリング
※指定自立支援医療機関
 生活保護法指定医療機関
住所 東京都千代田区神田神保町1-16-3
TSI神保町ビル4F
神保町駅A5出口より徒歩2分。ENEOSさんの向かい、BODY STUDiO ZEROさんの入っているビルの4階です
電話番号 03−5282−2556
※番号非通知の方はお受けできません
診療時間
10:30~12:45
14:00~19:30
[休診日] 水曜日・日曜日・祝日
pagetop